読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

頬杖ついて考える

ちょっとした出来事から掘り下げて考えてみる

電車

映画「君の名は。」の快進撃が続きますねー。
公開期間の長さに象徴的です。


さて、出だしで「君の名は。」を取り上げてはみましたが、今日の話と直接的な関係はあまりありません。(とはいいつつ、あとでちょこっとだけ言及しますが)

今日の話は電車。
特に、その位置付けについて。

皆さんにとって、電車って何でしょうか。
通勤・通学のツールという方から、趣味あるいは生きがいだという方まで千差万別でしょう。

しかし、私が最近思うのは、電車とは別れのシンボルなのではないかなぁということです。「なごり雪」なんかは、まさにその例でしょう。(この場合、「汽車」ですが笑)


明治以降続く、地方の悲願としての電車は、地方から都市部への人材パイプでした。高度経済成長を遂げようとする都市部へ「金の卵」を供給したのは紛れもなく電車でしょう。電車が別れのシンボルだというのは、地方あるいはその土地に残る人との別れという意味合いも歴史的に含んでいるのかもしれません。

電車が別れのシンボルたる理由は、以上のものに加えて、電車が本人の意図とは別に動き出してしまうことにもあるでしょう。

例えば、先ほどの「なごり雪」が汽車ではなく車によるストーリーだったとしたらどうでしょう。「なごり雪」が「なごり雪」の情景を可能にするのは、男女の意図に反して汽車が出発することで生じる別れだともいえます。しかし、彼らの意図に反して動き出す人工物としての汽車ではなく、彼らの意思でもって動き始める車であったなら、「なごり雪」は「なごり雪」でなくなってしまうでしょう。むしろその場合、沢田研二の「サムライ」のように、個人の内部での葛藤(男女でその場に留まるか、片方が去るか)をどう越えていくかということが歌の前面に出てしまうかもしれません。


このような意味での電車のもつ不可抗力性があるからこそ、とある映画で別々に電車に乗った男女が、電車のすれ違いざまに互いの存在に気づき、電車を降りてお互いを探し、出会うまでの感動があるのかもしれません。なぜなら、それは不可抗力性を克服した物語としても認識できるからです。

電車に限らず、不可抗力な別れを告げさせる人工物は溢れています。例えば、船とかバスとか。しかし、これほどにも歌詞や映画に別れをもたらす存在として電車(あるいは汽車)が持ち出されることを考えると、(開発の)歴史的な流れでもって理解するのもそれなりに正当な気はします。

意外とこのあたり、国際比較とかしてみると、経済的な発展や地理条件なんかによる違いが見えてきたりして面白いかもしれないですね。

それじゃ、久々の更新はこの辺で。